トムズどうぶつ病院の診療科目

トムズどうぶつ病院の診察科目

トムズどうぶつ病院は皆様の大切なご家族であるペットの健康管理から高度先進医療まで、皆様に安心していただける最高のホームドクターとして幅広い獣医療を提供出来るように努めておりますので、ご心配のある症状があれば何でもお気軽にご相談ください。また、各獣医師が専門性を高めるための努力をしています。

一般診療科

予防医学、内科から外科までの領域を幅広く診療しています。病気の早期発見、早期治療の為に超音波や内視鏡と言った最新医療機器も完備しております。一般病気治療の他に、ワクチン、狂犬病、フィラリア、外部寄生虫予防などの各種予防注射や予防対策、避妊・去勢手術、定期健康診断(わんにゃんドッグ)など全てのペットの健康に係わることをカバーしております。またセカンドオピニオンの受診もお気軽にご相談ください。


皮膚科

ペットの皮膚病はさまざまな原因が重なり発症することが多く、テーラーメイド治療、つまりペットひとりひとりに対して最も適した、最も効果的な治療法を選択する必要があります。 また飼い主様とのインフォームドコンセントの中で治療方法を十分納得していただき治療をすすめていくことが重要になります。 当院では飼い主様への問診やペットの皮膚病歴、投薬歴等を十分考慮しつつ、検査でしっかりと原因を絞り込み、
 ・投薬治療 ・薬浴(薬用シャンプー)療法 ・食事療法
などを柔軟に組みあわせることで治癒や症状の安定に進むような治療を行っています。
皮膚科外来についてさらに詳しく

腫瘍科

高齢化にともない犬猫のガン(悪性腫瘍)は人間と同様にペットでも発生が非常に多くなっています。腫瘍(ガン)は早期発見早期治療が非常に重要です。ペットのガン治療も進化して、いろんな選択肢が出てきました。ペットの腫瘍の治療法も人間同様、外科治療、化学(抗がん剤)治療などが主体となっております。
トムズどうぶつ病院ではそれに加え、新しいがんの治療法して最近注目されているがんの細胞免疫療法をペット(犬)にもおこなうことになり、院内に細胞免疫培養施設を完備しております。
腫瘍外来についてさらに詳しく

ページ上部へ
循環器科

ペットの循環器疾患は腫瘍と同じように、高齢になればなるほど増加する病気の一つです。特にペットの高齢化とともに増加しています。循環器疾患の場合、見た目で症状がわかりにくいため飼い主様も見落とす場合があります。ワンちゃんの僧帽弁閉鎖不全症などは非常に多い病気のひとつです。心臓が悪くなると
 ・最近運動するのを嫌がる。  ・夜中に咳をする。  ・呼吸が苦しそう
などどいった症状が出る場合があります。当院では循環器の病気の発見に対応すべく、かつペットにストレスがあまりかからない超音波診断を有効に利用しております。
心臓外来についてさらに詳しく ページ上部へ


眼科

ペットの目の病気も非常に多くの種類があり、獣医師の専門性が問われるひとつです。早期発見が早期治療に結びつきます。
また、治療法の選択も重要になります。ペットの眼科担当の獣医師が当院におります。またより高度な眼の病気の場合、専門病院と連携をして対応させていただいております。
眼科外来についてさらに詳しく

ページ上部へ
外科

トムズでは去勢、避妊手術から、整形外科手術まで経験豊富な副院長の下、外科手術に対応しております。また外科手術では最も重要な麻酔に関しましては、人間の手術で利用するものと同じものを使用しております。麻酔のリスクを最大限避けるために、手術中のモニターには最新機器を使い十分注意して外科手術を行っております。 手術についてのインフォームドコンセントをしっかり行い、飼い主様に十分了解を得た上で手術を行うようにしております。術後は飼い主様、ペットにストレスをかけないよう、入院日数を最大限少なくし、早くご自宅にお返しする努力をしております。日帰りの手術も行っております。 ページ上部へ