細胞免疫療法について Q&A

ここでは『細胞免疫療法』とペットのがん治療についてよくいただく質問にQ&Aの形でお答えいたします。


次のページへ進む


現在ペットのがん治療の中心となっているのは、主に 外科療法(手術)化学(抗がん剤)療法放射線療法 の3つです。これらの治療法は通常療法と呼ばれ、どの獣医師の頭に入ってるものです。

まず、発見されたがんがまだ発生した場所に留まっていて、近くの臓器に転移していない場合や、周囲の組織への浸潤がひどすぎたりしない場合には、手術で出来る限り取り除くのが根治への近道です。
しかし、近くの臓器に転移している場合や、周囲への浸潤がひどすぎる場合などには、手術で主ながんを取り除いてもあまり意味がないことが多いので、手術は行わず、抗がん剤治療を行うことになります。

また、周囲への浸潤がひどくて手術出来ないけれども、がんは主として原発部位にしかない場合には放射線療法を行います。しかしながらペットに対する放射線治療は人の治療と違い、治療できる施設が非常に限られている(大学病院等)ことや治療を行うたびに全身麻酔をしなければならないといった非常にリスクの高い治療法であるというのが実情です。


逗子トムズどうぶつ病院
鎌倉トムズどうぶつ病院
トムズどうぶつ病院通販
トムズペットケアサービス